コンテンツへスキップ

オリジナルTシャツを作成したいと思う場面とは

制服だとイメージが固くなりがちで、服飾アイテムだけでは統一感が不足してしまう場合、カジュアル感を出しつつ統一感も成せるようなアイテムに、オリジナルTシャツがあります。いわゆるTシャツに独自のデザインを印刷した服のことです。型紙からおこして作る制服やユニフォームのような服だとコストもかかる上、一定の量の注文にしか応じてくれないことが多いようです。オリジナルTシャツは、サイズ展開も幅広いので、用途は様々です。Tシャツなので、重ね着ができます。又、半そで長そでもあり、又、スウェット素材へのプリントも可能になっているところになると、オールシーズン使えるので重宝します。イベントスタッフの制服にしたり、学校の部活のユニフォームとしても使えたり、記念品や個人の販売関係としても需要があります。

様々な方法でオリジナルTシャツを作ることができる

オリジナルTシャツというと、一から全て自分でデザインをして業者にプリント発注して作るというイメージがあります。もちろんその方法もありますが、業者があらかじめ用意している既存のイメージをアレンジして作る方法もあります。例えば、文字のデザインを選んだり、全体のイメージに別のデザインを付け加えたり、色調を好みのものにしたりなど、手を加えるほど既存のデザインから離れ、一から自分で作ったようなデザインに仕立てることができます。Tシャツへのプリントには、業者とデザインや印刷位置などの打ち合わせで行う方法がありますが、デザインからTシャツプリントまで、全てインターネットで行う手段もあります。ネットでの発注は、枚数制限の厳しさがなく、また、納期も驚くほどの短さで対応してくれるので、手慣れていればネットでオリジナルTシャツを作る方が手軽で、お得で早いといったメリットが得られます。

デザインもプリント加工も全て自作できる格安のオリジナルTシャツもある

オリジナルTシャツの制作を業者に発注すると、仕上がりが美しいのが特徴です。しかし、物事の制作での工程でDIYが話題となっている今日では、オリジナルTシャツを全て自力で作る傾向も出ています。プロの業者のような仕上がりにはならなくとも、手作りならではのあたたかみとしての仕上がりに価値があるという方向での取り組みと思われます。手芸用品店に行くと、生地へプリントを施す様々なアイテムが売られています。型を使ってスプレーやスタンプのインクで色付けをするステンシルプリントや、専用のシートにデザインをしてアイロンで着色するアイロンプリントがあります。ステンシルプリントは型が繰り返し使えるので、沢山つくることができます。小さな範囲に着色するにはスタンプタイプがおすすめです。最近では100円均一のお店でも購入することができるので、既存のTシャツにオリジナルのワンポイントとして使うこともできます。

オリジナルTシャツのプリント、製作、作成において多くの実績を持つ会社です。 インファクトリーは最新の製版機・最新のインクジェット機を使用していて安心品質です。オリジナルTシャツは最短翌日発送できるので、急ぎの注文もOKです。 学割があるので、オリジナルのクラスTシャツやサークルTシャツの作成にオススメです。 Tシャツ1枚当たりの料金が1,000円以内の商品も多数あります。 簡単見積もり!!オリジナルTシャツならインファクトリー