コンテンツへスキップ

どのようなオリジナルTシャツの作成方法があるのか説明します

最近、部屋の家具などのインテリアを自作すするDIYが流行っています。オリジナルTシャツもその1つです。自分でデザインしたイラストなどをTシャツにプリントしてオリジナルTシャツを作ることはとても楽しいです。そこで、オリジナルTシャツを作る方法をいくつかご紹介します。自分で簡単に出来ますので、是非試してみて下さい。オリジナルTシャツを作る方法には、「シルクスクリーンプリント」「アイロンプリント」「熱転写プリント」の3種類があります。シルクスクリーンプリントは、孔版画の技法の1種で、メッシュにインクが通過する部分と通貨しない部分を作ってTシャツにデザインを写します。版を1色ごとに作成する必要があり、4色のプリントをしようと思うと版を4つ作らなければなりません。シルクスクリーンプリントは1つの版で同じデザインのTシャツを何枚も作ることが出来る点がメリットです。

アイロンプリントと熱転写プリント

アイロンプリントは、自作プリントの中では最もメジャーなプリント方法で、大変手軽にオリジナルTシャツを作ることが可能です。難しい工程がなく、使う道具も一般的な家庭にあるアイロンを使用するので、初心者にもお勧めです。必要な熱量も家庭用アイロンで十分ですので、学生がクラスでオリジナルTシャツを作るように、子どもでも楽しむことが出来ます。気を付けるのは、プリントシートの選び方です。プリントシートを選ぶ際、Tシャツの色や素材、印刷する時に反転する必要があるのかどうか、印刷物の白色は写るのか透明になるのかなどをチェックしておくことが大切です。アイロンシートよりも耐久性があるのが、熱転写プリントです。好きな形に切ったシートを熱で張り付けて作るので色あせの心配もありません。但し、複雑なデザインのプリントには不向きです。

オリジナルTシャツを作るメリット・デメリット

オリジナルTシャツを作るメリットは、「費用が安くて済む」「自分の好きなように作ることが出来る」点です。オリジナルTシャツを専門業者に依頼すると機材や材料などしっかりしたものを使用するため、その分費用が掛かります。自分で作るのであれば最低限の材料で済み、費用もそれほど掛かりません。また、プリントの位置や大きさなど、業者に依頼する場合は決められていることが多いですが、自分で作るなら大きさも位置も自分の好きなように作ることが出来ます。デメリットは、「時間が掛かる」「クオリティが低く、失敗することもある」点です。材料や道具を自分で揃え、自分で作成するので時間が掛かります。また、インクが滲んだり、位置がずれたりと失敗することもあります。大量に作成したい場合は業者に依頼する方が早くて品質も良いですが、自分で時間を掛けて作るのがオリジナルTシャツの醍醐味でもありますので、是非、チャレンジしてみて下さい。