コンテンツへスキップ

なるべく安くオリジナルTシャツを発注する方法の解説

会社やサークル、地域、学校でのイベントでみんなお揃いにしたりや部活動のユニフォーム、個人で記念にと、オリジナルTシャツを作りたいと思う機会もあるかと思います。その時に気になることの一つとして、どのくらいの費用がかかるのかということがあるのではないでしょうか。なるべくなら安くあげたいとは思うものの、どうすればいいのか、その方法を調べてみました。現在オリジナルTシャツを作成してくれる会社は多数あります。そういった業者のサイトを見てみると、低価格をうたっているものもありますが、いろいろな条件が必要なことが多いので、気をつけましょう。オリジナルTシャツの作成料金の内訳としては、Tシャツ本体の値段、印刷料、製版料、配送料、デザイン料、修正料、データ作成料などになります。

Tシャツへの印刷方法の違いは何が違う

Tシャツ本体の価格ですが、生地の厚さで値段が変わってきます。薄い生地ほど安くなりますが、着心地や持ちのことも考えて選びましょう。また、作成する会社の人気商品だと、安くなっている場合もあります。印刷料金は印刷の方法によって違います。代表的な方法にシルクスクリーン印刷とインクジェット印刷とがあります。シルクスクリーン印刷は版が必要なので、製版料がかかります。そして色が一種類増えるたびに版が必要になります。インクジェット印刷は直接Tシャツに印刷するので、1枚からでもオリジナルTシャツが作成できます。単色で作成する場合、30枚以上だとシルクスクリーン印刷の方が安くなります。作成する枚数が少ない場合はインクジェット印刷が安くできますが、金、銀、蛍光色の印刷はできないです。

デザインの大きさで価格も変わる

オリジナルTシャツを作成する場合、デザインを印刷する位置と面積によって価格が変わってきます。印刷の範囲が多くなるほど価格は高くなりますし、襟や裾へ印刷すると高くなることもあります。シルクスクリーン印刷だと、使う色の種類が増えると高くなります。できるだけ価格を抑えて安く作成したいのであれば、デザインの印刷面積を最小にするのがコツになります。ただ、せっかくオリジナルTシャツを作るのであれば、思い通りのデザインにしたいと思うでしょうが、その上で価格を抑えたいのであれば、どの部分なら妥協できるかを考えてみましょう。あと、作成する枚数が多くなれば、一枚にかかる単価も安くなります。ある料金以上の注文で配送料が無料になる業者もあります。1枚だけ作成するのであれば、インクジェット印刷で作成するのが低コストになります。